Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

英会話を独学で話せるようになった男の手法を告白

Pocket

 

 

どうも大石です。

 

あなたは英会話ができるように

なるために独学で勉強して英語を

話せるようになりたいと思っていますか?

 

この記事では、

 

完全に独学でも英語を話せる

ようになる方法を公開してます。

 

 

この方法を使ってから僕は英語を話せる

ようになったので効果は実証済みですし、

 

論理に基づいてるので、

 

これを読み実践すれば誰でも独学で英語を

話せるようになります。

 

 

独学で英語を話せるようになるために一番大事なこと

 

で早速内容に入りますけど、

 

まず独学で英語を話せるように

なりたいのならば、

 

リーディングをしましょう。

英文を読むことが必要です。

 

 

なぜリーディングで英語が話せるようになるのか?

 

なぜなら、英語を話すのには

英文を頭の中で作る必要が

ありますが、

 

その英文を作る際に、

 

元になる英単語とか英文表現

が必要だからです。

 

 

で、それをゲットする場所が

英文を読むことであり、リーディングな

わけです。

 

なので英文を読まないと英語は

話せないのです。

 

 

 

これがよく巷で言われてる

インプット、アウトプットって

やつです。

 

ちなみに英文を作るのは

アウトプットであり、

 

英文を読むのがインプットです。

 

 

英文を読んでインプットした

いろんな英語表現を元に

英文を作り、

 

それを口にだす。つまり話せる

ってわけです。

 

 

このロジックをほとんど

知らない人が多いので

日本人はあまり英語が話せません。

 

 

逆にあなたが今話したことを

ちゃんとわかれば簡単に

英語は話せるようになります。

 

まぁなにはともあれ

英文を読まないと、

リーディングをしないと

 

英語は話せるようにはならない

ってことです。

 

 

逆にリーディングをちゃんとすれば

あなたは独学でも英語で話せます。

 

英会話もあなたの好きなだけ

できるようになります。

 

 

とはいえ注意があります。

 

ただ単に普通にリーディング

すりゃいいわけじゃないです。

 

 

この一手間で英語が話せるかどうか決まる

 

超大事なことがありまして、

リーディングするときは、

 

完全に英文の意味がわかるまで

時間をかけて読む必要があります。

 

 

例えば英語でこの文章の意味を

説明してくれって言われた時に

ちゃんと説明できるぐらい、

 

確実に1文1文の意味がわかる

まで読む必要があります。

 

 

 

それはなぜかというと、

適当に読むとちゃんと英文表現を

わからないまま、

 

読み進んでしまうからです。

 

 

 

で、英文や英語表現の意味を

わからんまま次々英文を読んでも

なにも意味がないからです。

 

 

 

なぜなら英文を作るには、

 

それぞれの英語表現がどういう

意味なのかわかってないと

 

あなたが言いたいことを

いうときに英文を作れないからです。

 

 

 

まぁ要するに、

 

ちゃんと英語表現の意味わかってないのに

それを元にして作りたい英文を

作れないってことです。

 

 

 

作りたい英文を作れないって

ことは話したいことが英語では

話せないってことです。

 

 

 

独学でやるとなかなか

ここに気づくことができず

英会話で話せなくなるのです。

 

 

 

大事なので繰り返しますけど、

 

英文はちゃんと意味がわかる

まで読むこと。

 

それ以外はリーディングとは言わないです。

 

 

 

よくあるのが、

頭の中で英文の中にある単語を

発音してるだけで、

 

読んでるつもりになってるやつです。

 

 

 

(昔の僕はこれをリーディングだと

勘違いしてました、その結果なかなか

英語で話せませんでした)

 

 

これをどんだけやっても独学では決して

英語は話せるようにならないので、

注意しましょう。

 

 

警告!これを知らなければ独学で英語を話せるようにはなれません。

 

で、次ですが、

 

 

 

ちゃんとリーディングをやってる

前提で、

 

これから書く文章はできるだけ

全て英語で書くようにしましょう。

 

例えば思いついたことを

メモするときとか、

 

なんか to do リストを

書くときとか、日記(あんま

書く人いないかもですが)

を書くときとか、

 

全部英語で書くようにしましょう。

 

 

これは要は英作文練習です。

 

 

 

上の方でも書きましたが、

大事なのでもう一度いうと、

 

英語で話せるっていうのは

要は英作文です。

 

あなたが作った英文

を口に出せばそれだけで

英語話せるわけです。

 

 

独学でも全然できます。

 

で、ということは、

英文を作れる能力が

高ければ高いほど、

 

英語で話せるわけです。

 

 

英会話も余裕になります。

 

 

で、この能力は独学で

伸ばすことが可能です。

 

それが実際に英文を書く作業です。

 

 

なので、これからはなんでも

かんでも文章を書くときは

英語で書きましょうってことです。

 

 

ここで英語でかければ

かけるほどあなたは話せますし、

 

書けなければ、現状あなたは

英語で話せないってわけです。

 

 

 

なので、あなたがどれぐらい

英語が話せるのか?

 

っていうのはどれぐらい

英文がかけるか見ればわかる

わけです。

 

 

なのであなたが自分で自分の

英語を話せる力をチェックしたい

時に便利です。

 

話がちょっとそれたので元に

戻しますが、

 

これから英語でできる限り

全部の文章を書くようにしましょう。

 

 

そうすればあなたはどんどん

英文を作るのが上手くなります。

 

 

 

表現したいことを英文にできない場合はどうしたら?

 

で、こう言いたいのに

どうやって表現したら

いいんだろうってときは、

 

リーディングしましょう。

 

 

 

英文表現の答えは全部英文

に書いてあります。

 

なので英語の本をよめば

いいです。

 

 

そうすれば、

英語でかける文章が増えて

かける文章が増えれば、

 

そんだけあなたが英語で

話せる量も増えてるってわけです。

 

 

で、独学で英語を話せるように

なるに関して、

 

最後にもう一個重要なのが

英語で考えることです。

 

常に英語で考えましょう。

 

 

頭の中で日本語を使うのをやめましょう

 

頭の中で何か考える時に

日本語じゃなくて英語で考え

ましょうってことです。

 

 

これも要は書くのと同じで

英作文練習です。

 

これを24時間やると相当

英文作成が早くなります。

 

 

 

英文作成が早くなれば

なるほど、

 

あなたはスラスラ英語で

話せるようになります。

 

 

これが独学で英語を話せるように

なるための極意です。

 

 

英語で文章書くのとどう違う

のかと思うかもしれませんが、

 

書く方法は書くときしか英文作成

しようとしないので、

 

要は英文作成時間が短く

なりがちです。

 

 

 

ですが英文作成力はやれば

やるほど身につくので、

 

常に英語で考えた方が

独学でも英語で話せるようになる

速度が速いですよってことです。

 

 

 

まぁ要は言ってしまえば、

これはスポーツで例えると自主練みたいなもんです。

 

 

試合(外国人と話す)になっていきなり

英語を話そうと話せないーって

あたふたするのでなくて、

 

試合前にちゃんと英語で話す

自主練を毎日やっておいて、

普段からなれときましょう!

 

ってことです。

 

 

 

まぁただ最初はかなり

疲れます。

 

 

 

普段日本語で考えてるのを

英語で考えるようにすると、

 

結構頭が疲れます。

カロリー持ってかれます。

 

 

 

なので、あんまり無理しない程度に

英語で考えるようにして、

 

一日中楽に英語で考えれる

ようになるぐらい、数をやって

なれるようにしましょう。

 

 

 

そうすればあなたは独学でも

英語をすらっすら話せるように

なりますし、

 

言いたいことを英語でいうのは

楽勝になりますし、

 

英会話も好きなだけ楽しみ放題ですし、

 

 

 

言いたいことが言えなくて

もどかしい気持ちから解放されますし

ストレスも無くなりますし、

 

外国人の友達も増えますし、

 

友達から英語話せてかっこいい

って言われますし、

 

 

いいことづくめですよ!

 

 

まとめ

 

で長々書いたので、

最後にまとめておきますと

 

英会話をしたいあなたが

独学で英語を話せるようになるために、

 

 

・英文を読みましょう!

そして流し読みをせずに

完璧に意味がわかるまで読みましょう。

 

次に

 

・あなたが文章を

書く機会があれば全部

英語で書きましょう。

 

そして

 

・英語で考えるようにしましょう。

頭の中で日本語を使うのを

やめましょう。

 

 

こうすれば

あなたは独学で十分に

英語を話せるようになりますよ!

 

 

では読んでもらって

ありがとうございました。

 

大石

 

 

おすすめ記事

怠け者がたった3日で英語を聞き取れるようになった方法

 

Pocket

     

SNSでフォローすると英会話ノウハウの更新通知を受け取れます。
以下のお好きなSNSをフォローし最新英会話ノウハウを受け取ってください。

コメントを残す

*