Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ただ話を聞いてるだけで、17日後に英語で話せるようになった方法

Pocket

うも大石です。

 

今日の記事ではあなたが今英語が話せなくても

ネイティブや外国人と友達になり、

 

そしてそのまま英語であなたの言いたいことを

話せるようにできるようにします。

今あなたはネイティブや外国人と

もっと英会話ができるようになりたい、

 

もっと話せるようになって、レベルをあげたい

 

そう思っていると思います。

 

ですが、実施には勉強しても勉強しても

話せるようにならず、

 

でも話をずっと聞いてくれるような

そんな奇特な外国人も周りにいなくて、

スピーキングの練習ができない。と

 

どうすれば良いのか困りはてていると

思います。

 

ですが、そんな

 

話せない

だからネイティブや

外国人と話せない友達になれない

だから英会話ができるようになるのが

妨げられる。

 

といった負のスパイラルから抜け出し、

今のあなたのスピーキング力

のままで、

 

ネイティブや外国人と友達になり

17日で英語で言いたいことが

話せるようになっていく。

 

そんな夢のような方法をあなたにお話します。

 

さてその方法とは、

 

「自分が英語を話そうとするよりも

聞く側に回る」

 

です。

 

具体的には、

あなたがネイティブや外国人と

会話をする機会がある時は、

 

あなたが主体になって話そうとする

のではなく、

 

聞き手になるのです。

 

「えっ、スピーキングなのに

聞きてに回るの、どういうこと?」

 

とあなたは思ったかもしれません。

 

なので、少し話をさせて下さい。

 

それは、

 

一生懸命相手の話を聞いてる

ことで、実は色んな英語表現方法があなたの

頭にストックされていくからです。

 

というのも、

 

英語を話せるようになるのには

その話す元となるインプットがまず

欠かせません。

 

なぜなら表現を知らないと英語は

話せないからです。

 

ですが、人の話を聞くことで

 

実際にリアルな外国人が使う表現や

英語をインプットすることができるのです。

 

インプットに関しては音声教材を

使えばもちろん同じことはできますが、

 

人との会話の場合は、会話をしないと

いけないので、一生懸命になって聞こうと

します。

 

なので、インプットの質が格段に

違うのです。

 

また、

 

人がものを一番覚えるのは、

 

「繰り返し」にあります。

 

これは英語のインプットも同じで、

同じような表現をなんども聞いてると

自然に口からついて出てくるぐらい、

 

人間の脳は賢いので、

 

勝手に覚えてしまうのです。

 

そして人間にはその人なりの

話すときのクセがあります。

 

それは外国人でも同じで、

 

話を聞いてると、いつも同じような

フレーズ、同じような単語の言い回し

を実は使っています。

 

つまりあなたは、

 

一生懸命相手の話を聞いてあげる

だけで、

 

高い質のインプットと

繰り返しを自動で行えて、

 

結果的にその覚えてしまった表現を

使って話すことができるようになるのです。

 

なので、

 

あなたはネイティブや外国人が

あなたに話しかけてきたら、

 

うんうんとちゃんと話を聞いてあげる

だけで、

 

あなたが英語で話せるようになるのです。

 

「おっけい、相手の話聞けばいいんだな

 

ふむふむ、じゃあ具体的にどうやって

聞けば良いの?」

 

とあなたは思ったかもしれません。

 

やることは簡単です。

 

1、挨拶

 

2、質問する

 

3、うんうんと相槌したりリアクションしながら聞く

 

4、また質問する

 

5、3と4を繰り返す

 

まずネイティブや外国人と

あったら挨拶します。

 

「Hi」などで構いません。

 

そして次に、

 

相手に質問をします。

 

初対面なら名前や住んでるところとか

いろいろですね。

 

少し知ってる人なら、

 

昨日ご飯何食べたとか、そういう普通の質問で

構いません。

 

そして相手が話しはじめたら

一生懸命聞いて、

 

うんうん、って相槌を打ちながら

聞くのです。

 

そして驚くことがあったり、

すごいことだったら素直にリアクションを

取れば良いです。

 

目を見開いたり、「what!」って言ってみたりです。

 

こういうことをしてると相手が

延々と話し続けますので、

 

ずっと聞きながらインプットをして

いって下さい。

 

やりかたは以上です。

 

長くなったので、

 

要点をまとめますと、

 

ネイティブや外国人と話すことに

なったらまずは聞き手に回る。

 

そうするとあなたが英語で話せるようになっていく

 

という仕組みなので、

 

ぜひ明日から意識して聞き手に

回るようにしてみてください。

 

そうすれば、あなたは外国人の友達が

10人や15人とできて、

 

気がつけば、外国人の友達に囲まれた

楽しい毎日を過ごすことができるように

なりますし、

 

さらに、英語で言いたいことを話せるように

もなっていきます。

 

またもちろんリスニング力も上がって、

相手が何を言ってるか聞き取れるように

“より”なっていきます。

 

なので、

 

ぜひ今日の内容を意識してみてくださいね。

 

それでは、早速ですが、

 

次にネイティブや外国人と会話

することがあれば、

 

まずはひたすら聞くようにしてみてくださいね。

 

そうすればあなたは英語で話せるように

なりますので。

 

それでは、最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

大石

 

Pocket

     

SNSでフォローすると英会話ノウハウの更新通知を受け取れます。
以下のお好きなSNSをフォローし最新英会話ノウハウを受け取ってください。

コメントを残す

*