Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

気をつけて!あなたは間違った英会話勉強をしてませんか?

Pocket

どうも大石です。

 

英会話がしたいと思って勉強を

始めると一体どんな勉強をすれば

英語が話せて聞き取れるようになるのか?

 

その疑問にぶち当たると

思います。そこでアメリカに留学して

英会話ができるようになった勉強法をシェアします。

 

 

ちなみに本題に入る前に

一番大事なことを書いておきます。

まず最初に間違った英語勉強を

しないのが一番大事です。

 

ここを間違えるとどんなに

勉強しても英会話できません。

 

 

あなたが外国人と話したいなら、

正しい英語勉強をしないといけないです。

 

 

そしてその前提で、

どんな勉強をすれば英会話

できるようになるか、

 

それについて書いてきます。

 

 

英会話がマスターできる勉強法

 

・偏った勉強をしない

・問題集はやらない

・全部満遍なくやって英会話できるようになる

 

詳しく説明します。

 

 

まず偏った勉強をしない事です。

 

偏ったとは例えば

ひたすらリーディングしかやらない

とかです。

 

これは後に話すことにも繋がるのですが、

英語は何かに偏った勉強をしても

あまり効果が出にくいです。

 

例えば、聞き流しとかそうです。

 

あれを例えば一日5時間とか

やったとしてもあんまり効果は

ないです。

 

 

英会話は全ジャンル

読み、書き、聞く、話す

これを全部総合的にやった時に

 

一番効率よく英語で話せて

聞き取れるようになってます。

 

その証拠に日本でひたすら

英語の読み書きばっかりやってる

日本英語教育を受けても

 

全然話せるようになりません。

 

 

ですが、留学とかいくと

いやでも真剣に英語を聞くし話さないと

いけない環境になるので、

 

バランスが取れて英会話が上達します。

特に英会話の勉強法をちゃんと知らない場合は

要は変に偏りすぎないほうが良いということです。

 

 

 

次に、

問題集をとかない。

 

です。英語が話したい、聞き取れる

ようになりたい、外国人と話せるように

なりたい。

 

あなたがそう思ってるなら

問題集は1番の遠回りです。

 

あれをやっても一切英会話できるように

はなりません。

 

僕は日本で10年間英語教育で

問題集解いてきましたが、

 

あれで英会話ができるようには

なりませんでした。

 

英語の問題集的なやつは

英語が話せる力や聞き取れるという

よりは、

 

どっちかというと、問題を

解く力をつけるためのものです。

 

 

で、あの手の勉強は問題の解き方

がわかれば、リスニングなんかでも

あんまり聞き取れずとも

 

問題が解けたりします。TOEICが

良い例です。

 

ですが英会話はもちろん

問題を解く場ではなく、会話するための

場所なので、

 

英語の問題を解く能力っていうのは

外国人と会話するのにおいてほとんど、

というか経験上1個も役にたったことないです。

 

 

なので、あなたが外国人と

話したいのであれば、英語の問題集を解くのに

時間を使わず、もっと別のことに時間を

使うことをお勧めします。

 

次に、

勉強する際は全部満遍なくやる。

 

最初の方で話したことと繋がるの

ですが、

 

英会話ができるようになるには

読み、書き、聞く、話す。

これを全部やるのが一番上達します。

 

具体的に例えば、

 

ある英文があったとして、

それを読みます。

 

で、次に同じ文章をリスニングします。

 

で、音読してみます。

 

そして最後に書き写してみます。

 

 

こうすることで、

あなたの頭の中に確実に

その英文がストックされるんですね。

 

ちゃんと読むことで、

英文の意味が理解された状態で

頭に入ると、

 

それをリスニングした時に

すぐ意味がわかって会話に入れますし、

 

スピーキングの時には英文作る

時の材料にもなります。

 

また、リスニングしておくことで、

耳がその英文に入ってる単語を

聞き取れるようになりますし、

 

書き写しておくことで、

英文の構造が理解できて、

 

より記憶が定着したり、

英文の構造に基づいた

 

リスニングやスピーキングが

できるようになるからです。

 

 

結構これは知られてない

話ですが、

 

英会話は

読み書き聞く話す、全部を

同時にやったほうが上達するのです。

 

 

なぜなら言葉はそうやって

覚えるものだからです。

 

あなたも日本語を幼稚園小学校と

読み書き聞く話す、これを

全てやりながら覚えてきましたよね。

 

英語も同じです。

 

やり方を変に変えてしまうと

聞き取れませんし喋れません。

 

 

なので、全体的に満遍なく勉強を

することがいいのです。

 

全体的に満遍なくとは読み書き聞く話す

これを全部同時にやる勉強を

することです。

 

 

そうすればあなたは英会話が

上達どころか、すぐに外国人と

会話できるようになります。

 

 

最後に、まとめると

 

・偏った勉強をしない

・問題集はやらない

・全部満遍なくやって英会話できるようになる

 

こういった勉強にかえると

英会話ができるようになりますよ!

 

そして全体的な勉強の方針が

わかったところで、具体的な

英語勉強方法

 

リーディングはどうするのかとか、

このブログに書いてるので、

読むようにしてくださいね。

 

英語でスラッシュリーディングをして英会話できるようになる方法

 

 

それではありがとうございました。

 

大石

 

PS


ただいま豪華無料プレゼント中!!

SOL

あなたが英語を聞き取れるようになる

ノウハウが詰まった70ページに及ぶ

リスニングマニュアル【SOL】(13800円相当)

を今だけ完全無料でプレゼント中!

 

これを手に入れると英語を聞き取れるよう になります。

今すぐ手に入れるにはメールアドレスを

入れて緑のボタンをクリック!

 


どちらにSOLをお届けすれば良いですか?

*送り先メールアドレス

下の緑のボタンをクリックすると

あなたのメールボックスにSOLを

無料でお届けします。

SOLについて詳しくはこちら


Pocket

     

SNSでフォローすると英会話ノウハウの更新通知を受け取れます。
以下のお好きなSNSをフォローし最新英会話ノウハウを受け取ってください。

コメントを残す

*