Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

発表!英会話を独学かつ最短で習得できた方法

Pocket

 

どうも大石です。

 

あなたは英会話を独学で最短で

マスターしたいですか?

 

 

この記事ではそれが可能な

方法をお話しします。

 

今日お話しする方法を使って

僕は英会話ができるようになり、

 

現在7け国に外国人の友達がいます。

なので、効果が出てる方法です。

 

 

なので、あなたもこの記事のことを

やれば英会話ができるようになり

外国人の友達ができ彼らと楽しく

英会話できます。

 

会話に必要な量の英単語を知りましょう

 

まず超基礎的なことですが、

英単語を会話に必要な分ほど

知りましょう。

 

 

英単語を知ってないと英会話は

難しいです。といっても、大量に

単語を知らないといけないかというと

 

そうでもないです。

 

日常英会話では、使われる単語は

そんな多くないです。

 

 

イメージとしては200語ぐらいです。

 

 

なので、単語帳を一冊覚えてれば

もう会話するには十分すぎるぐらいです。

 

 

なので、あなたがもし英単語帳を

中学や高校とか受験で、覚えたなら

ここは飛ばしても大丈夫です。

 

ですがもしあなたが単語を全然

知らないとかだったら、

 

単語帳を一冊買って覚えましょう。

 

 

日常英会話に必要な文法は少ない

 

次に文法ですが、

 

日常会話するぶんには、覚えといた

方が良い文法はだいたい決まってます。

 

そしてあんまり多くないです。

 

 

具体的には、

5文型と疑問文と進行形ができれば

あなたはほぼ英会話では困らないです。

 

 

(たまに比較とか関係代名詞を会話で使い

ますけどそんなに頻度高くないです。)

 

 

日常英会話は例外もありますけど基本

I like it .とかそれぐらいのレベル

の文章しか話さないです。

 

なのでそんなに難しい文法を勉強

する必要はないのです。

 

 

なので、あなたが英会話を独学で

最短でできるようになりたいなら

文法は、

 

5文型と疑問文、進行形はおさえて

おいてください。

 

 

でここから英会話の実践的な

ところですが、英会話といえば、

 

リスニングとスピーキングです。

 

でこれらができれば

あなたは英会話ができます。

 

もちろん独学でもできるようになります。

 

 

で、あなたが英会話を独学で最短で

できるようになるには、

こっから下に書くことを毎日やれば良いです。

 

そうすれば1け月もすれば、

あなたは外国人と会話するときに、

 

相手の話すことが聞き取れて、

それに対して返事を返す

ぐらいのことなら普通に

 

できるようになります。

 

 

 

 

警告!これを読む前にリスニングを独学で勉強しないように

 

でまずリスニングですが、

 

英語の音声を英語字幕を出してそれを

見ながら、一日10分で良いので聞きましょう。

 

こうすると英語を聞き取れるように

なります。

 

 

このとき大事なのは英語字幕を見ながら

聞くことです。

 

よく字幕を見ずに耳だけで英語の

リスニングをやる人がいますが、

(昔の僕です)

 

あれをいくらやっても聞き取れる

ようにはならないです。時間とエネルギーの

無駄になります。

 

 

人の脳の作りからいうと、

目で英単語を見て、これは言葉だと

認識できない限り、

 

聞き取れるようにはならないのです。

 

なので、英語の音声を英語字幕を

見ながらリスニングしましょう。

 

 

次に、英語字幕を見ながらリスニング

し終わったら、

 

その英語字幕で出てた英文をちゃんと

リーディングしましょう。

 

 

読んでどんな内容の英文なのか、

完璧に理解して、誰かに

 

「どんな内容?」って聞かれても

完璧に説明できるぐらい、

 

完璧にリーディングしましょう。

 

 

ここまでやって初めて

英会話で聞き取ることができる

ようになります。

 

 

ちなみにこれができないと英会話は無理です。

 

なぜなら英語は聞き取っても、

聞き取れた英文の意味がわからなければ、

会話が全くできないのです。

 

 

つまり英文をちゃんと読んで

内容を理解できない=リスニングでも

聞いた英文を理解できない。

 

つまり英会話できないになります。

 

 

なので英文をちゃんと読める

かどうかは超重要です。

 

 

リスニングに関しては

これが独学での最短ルートです。

 

なのであなたが英会話を独学で最短で

習得したいなら、リスニングに関しては

 

・英語字幕を見ながら英語音声をリスニング

 

・そしてリスニングしたら、英語字幕の英文を

しっかり読んで、誰にでも内容を説明

できるぐらい、その英文の意味を理解しましょう。

 

 

最短で英語を話せるようになるには英語日記を書くべし

 

 

次にスピーキングですが、

毎日英語で日記を書きましょう。

 

最低でも1日10センテンスは

書きましょう。

 

 

1センテンスとは

 

英文英文英文.

 

英文の頭から最後のピリオドまでの1かたまり

の1文のことを1センテンスと言います。

 

 

なので10センテンス=10文です。

 

これを毎日しましょう。

 

 

英語で話せるようになる仕組み

 

英語で話すのは、仕組みを簡単に言うと

作った英作文を口にだすだけです。

 

 

つまり、英作文ができればあなたは話せます。

 

外国人と英会話ができます。

 

なので、英作文練習が有効なのです。

 

 

そして、実際に英作文を

するために良い方法なのが

英語で日記を書くのです。

 

チラシの裏でもノートでも

メモ帳でもスマホのメモ帳でも

パソコンでも、

 

どこに書いても良いので、

英語で日記を書きましょう。

 

書く内容はなんでも良いです。

 

 

これを書きたい、これを言いたいと

思ったことを英文で書いてください。

 

文法は間違っても別にokです。

英作文をすることが大事です。

 

 

文法は英作文したり英会話する

うちにそのうちちゃんと正しいもの

を知って正しい文法になってくので

 

気にしないで良いです。

 

 

ちなみに、

英語日記を書くときに文法で

手が止まる人は、

 

英語で話す時も同じように

文法で口が止まります。

 

なので、文法を気にしない練習を

しましょう。

 

 

あと書く量ですが、

 

別に10センテンスでなくても

それ以上書きたければ書いてもokです。

 

書けば書くほどあなたは英語で話せるように

なります。

 

これを毎日やってください。

 

 

そうすると独学でも最短で英会話ができる

ようになります。

 

これを毎日ちゃんとやれば

 

あなたは最短で外国人とそれなりに

会話のやり取りをすることができる

ようになります。

 

逆にやらなければ、英会話できない

ままです。

 

 

以上僕が英会話できるように

なって、外国人の友達がいっぱいできた

英会話勉強法を書いたので、

 

 

ぜひこれをやって英会話

できるようになってくださいね。

 

それでは読んでもらってありがとうございました。

 

大石

 

あなたへのおすすめ記事はこちら

怠け者がたった3日で英語を聞き取れるようになった方法

 

Pocket

     

SNSでフォローすると英会話ノウハウの更新通知を受け取れます。
以下のお好きなSNSをフォローし最新英会話ノウハウを受け取ってください。

コメントを残す

*